朝日カルチャー横浜 講評会

昨日15日(木)は、朝日カルチャー横浜の3か月に1回の講評会でした。

講評をする時の自分は、当然ですが相当な集中力と気合が入っていると
思う。自分が講評される時もそうですが、言われた事は後々まで
覚えているもので、自分の発する言葉の重要さとか、責任をヒシヒシと
感じるのです(こう見えても?)。

と同時に、自分以外の方の作品を客観的に見るのは純粋に楽しい[E:shine][E:sign01]

「自分は今までやってないけど、こういう風に描くのも悪くないかも」とか、
「どうしてこんな風に素敵に描けるの!?」とか、
「どうあがいても、自分流になってしまうってわかるー」とか、
「もう1歩、いや2~3歩、作品に踏み込んで欲しい!」とか、

半分くらいは、ただただ鑑賞者になることが出来るのも講評会の良さですよね[E:good]

Img_2119

数名の欠席者の中、和気あいあいと、そして真剣な面持ちで、
作品を鑑賞中です[E:eye]

さて、最近私は様々な雑用に追われていますが、そんな中、色々安くて
有名な大船の市場で生のミントの葉っぱ(しかも国産)が一パック28円で
売っていたのを発見[E:sign03] ちょうどミントティーにハマっていた為、とりあえず
6パック買って、よ~く洗って陰干して、ミントティーを作りました[E:japanesetea]

Img_2122

で、毎日紅茶に入れて飲んでます[E:catface] ほんの少し入れただけですご~い
ミント感[E:shine] 1パック28円×6パックで168円也[E:heart](主婦の喜び)
これで当分はミントティーを楽しめそう[E:cafe]
その他、市場で色々買っては仕込んでます[E:smile]

しかも昨年春から始まった前代未聞の?大掃除が2周目に突入したため、
いつものお掃除プラスα一日30分だけって決めてますが、始まるとついつい
やりすぎてしまうという・・・

昨年、あれだけ色々捨てたのに、2周目に入ってもなんでこんなに捨てるもの
があるの!?てなくらいあるものですね。たぶん、昨年迷ったけど今年は
捨てる決心がつくみたいな・・・(いまに絵も捨てるね。。もう捨ててるけど。。。)

お片付けの良さは、「あれっ、これってこんなとこにあったのね[E:sign03]」という
発見があること[E:sign01]色々捨ててるのになぜか得した気分になる[E:smile]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク